民事敗訴事例から管理のあり方学ぶ 中災防

2014.03.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 中央労働災害防止協会は、「民事賠償請求訴訟からみたリスクアセスメント研修」を開催した。民事賠償請求訴訟で敗訴した判例を取り上げながら、事業場がどのようにリスクアセスメントを実施していれば災害の発生を防げたかを検討するというもの。

 講師を務めた中災防マネジメントシステム推進センターの柳川行雄所長は、「安衛法を守っていれば良いというわけではない」とし、機械災害、化学物質災害の裁判例を引用しながら事業者の故意過失によって民事上の責任を問われることを説明。具体的なリスクの洗い出しや未然に災害を防止するための注意など、自律的管理型対策のあるべき姿を討論した。

平成26年3月15日第2206号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ