「実体験」交え感受性向上を 不安全行動理解へ討議実施 若年者の教育手法で提言 中災防

2013.04.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 中央労働災害防止協会は、「若年労働者の労働災害防止のための安全衛生管理手法の開発に関する調査研究報告書」をまとめた。若年者の特徴に、危険を危険として感じる能力の欠如、スキルの未熟さなどを指摘し、労働災害を未然に防止するためこれらをカバーする安全衛生教育の重要性を訴えている。教育では、講師による一方的な説明は避け、工具の使用実習や危険予知など、実際の体験を積み重ねることが感受性アップに効果的とした。また、日常の「ついやってしまう」状況をグループで話し合わせ、若年者が取ってしまいがちな不安全行動とは何かを理解させることも推奨している。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年4月1日第2183号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ