水道工事の災害をCGで 教育支援にDVD作成 都水道局

2014.02.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 東京都水道局は労働安全衛生総合研究所と協力し、頻発事故を防止するための教育用DVDを作成した。「重機の移動による災害」「掘削作業による災害」「管つり込み時の挟まれ・巻き込まれ」など13の頻発事故をCGなどでリアルに再現。例えば、管つり込み時に、管が作業員に激突する災害では、介錯ロープの設置や、手順の明確化などの対策を講じておくことなどの対策を示し、注意喚起する。

 水道局によると、中小建設業者では、大手に比べて人材や資金面で余裕がなく、事故が起こっても「今回はたまたま発生しただけ」と考えがちで再発防止意識が高まらないという。目で見て分かる形にしたことで、教育の現場で活用してもらうのが狙いだ。工事受注業者へDVDを貸し出し、利用促進を図っていく。

平成26年2月1日第2203号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ