【特集1】本質安全計画で墜落リスク低減 先行設置し高所作業なくす 作業車の使用ルールも徹底 戸田建設㈱関東支店 (仮称)㈱埼玉県魚市場物流センター新築工事

2017.11.30 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 戸田建設㈱関東支店が施工する(仮称)㈱埼玉県魚市場物流センター新築工事では、高所作業での墜落・転落災害のリスクを減らすために本質安全の考えに基づいた対策が講じられている。コンクリート梁を高所に上げる前に親綱や型枠、足場板を先行設置しておくことで、従来まで行っていた高所作業を削減。安全通路のスペースを確保した工事エリアを設定するなど、施工の前から危険につながる要因を摘み取っている。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年12月1日第2295号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ