【特集2】翻訳資料で新規入場時教育 外国人に安全ルールを徹底 視聴覚に訴え分かりやすく 戸田建設㈱千葉支店

2019.09.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 戸田建設㈱千葉支店と千葉職長会では、建設現場で働く外国人作業員の安全確保を図るため、さまざまな取組みを進めている。千葉支店では、新規入場者用の教育資料や可搬式作業台の使用ルールのポスターなどを中国語、ベトナム語などに翻訳し、現場での注意事項の伝達や安全教育に活用している。千葉職長会では、ヘルメットに貼り付ける「日本語確認シール」を作成。語学力に応じて青・黄・赤で色分けして見える化し、一緒に働く周りの人たちが助けを出せるようにしている。

不慣れな日本語が意思疎通を阻む

 近年、建設現場で働く外国人の数はますます増えている。作業に潜む危険から身を守るために、現場特有のルールや禁止されている行動を知る必要があるが、そこには日本語の理解が十分ではないために意思疎通が上手くいかないなど、安全確保上の課題がある。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年10月1日第2339号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ