【ズームアップ】不安全行動をVRで体験 ネット張り作業に潜む墜落の恐怖/東急建設

2017.11.17 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 「不安全行動」をいかに作業者自身に知ってもらうか――。東急建設㈱がゲーム制作会社の㈱バンダイナムコスタジオとタッグを組んで開発したVRの体験型安全衛生教育システムは、仮想空間で足場のネット張り作業を行いながら不安全行動を誘発する状況を学ぶのが狙いだ。作業に没頭すると周囲が見えなくなり危険に気づかない。災害へとつながる行動パターンをリアルに再現している。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年11月15日第2294号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ