企業内保育所設置へ 「労組施設」に会社が提案 東京電力

2017.11.13 【労働新聞】

 東京電力㈱は、労働組合の事務所が入る東京都港区の建物に「企業内保育所」を設ける方向で労働組合と協議している。

 東日本大震災に伴う福島第一原発事故に基づく資産整理を通じて企業内保育施設を閉鎖していたが、東京都を中心とする待機児童問題や社内のニーズ、また「働き方改革」の流れ等を背景に、様ざまな労務施策を講じているメニューの1つとして会社が組合に協力を要請したもの。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成29年11月13日第3136号4面

あわせて読みたい

ページトップ