育休明け早期復帰へ 保育料を月15万円補助 Sansan

2017.11.17 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

画像はイメージです

 クラウド名刺管理サービスの企画・開発・販売を行っているSansan㈱(東京都渋谷区、寺田親弘代表取締役社長、300人)は、ママ社員の産前産後休業および育児休業からの早期復帰を後押しする新人事制度「MOM」を開始した。同社広報は、制度導入の背景を「ベンチャー企業のため一人ひとりの人材が重要。人材確保と企業成長に向けて必要だと考えた」としている。

 同社社員の平均年齢は30歳と若く、近年は産休・育休を取得する女性社員が増加傾向にある。一方で、社員の多くが居住する都市部では保育施設の入園倍率が高く、預け先が見付からずに希望した時期の職場復帰が叶わないケースがあった。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年11月13日第3136号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ