時短勤務でも生産性を実証 厚労省表彰

2017.11.16 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は、「イクメン企業アワード2017」「イクボスアワード2017」を受賞した企業・個人の表彰式(写真)とともに、「イクメン推進企業 成功の秘訣とは」をテーマに、パネルディスカッションを実施した。

 部下の仕事と育児の両立を支援する管理職を表彰するのがイクボスアワード。グランプリを受賞したオイシックスドット大地㈱の上野綾子販売企画室週次企画セクションマネージャーは、同社で初めての短時間勤務管理職となった。「育児をしながら時短でも成果を出すにはどうすれば良いか」を自ら率先して部下に示し、両立を推進していると話した。

平成29年11月13日第3136号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ