NCCUとUAゼンセン 従事者自ら産業政策 人材確保へ来年1月完成

2017.10.30 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 介護人材の確保がわが国社会の大きな課題となるなか、年明け1月をめどに、現場で働く介護従事者自らの手による「介護産業政策」が完成する予定となっている。

 日本介護クラフトユニオン(NCCU・久保芳信会長)が上部団体のUAゼンセンと現在共同で策定作業を進めており、10月14日に東京で開催したNCCUの第19回定期大会で新年度の主要活動の1つに盛り込んだ。

 わずか8年後の2025年には38万人もの介護人材が不足するといわれ、介護保険制度を持続させるための最重要課題が「人材確保」という社会的コンセンサスはできている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成29年10月30日第3134号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ