【今週の視点】同一性回避へ定年延長も

2016.07.18 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

再雇用賃金で波紋 無期・有期として判断

 厚生年金の支給年齢引上げに合わせ、4月から「希望者全員の継続雇用」が事実上62歳までに引き上げられた。1カ月後には再雇用ドライバーが賃金減額を違法と訴えた長澤運輸事件の判決があり、東京地裁は労働契約法第20条違反とし、差額賃金の支払いを命じた。定年前後の違いが無期・有期の違いとして判断されたもので、今後、定年延長が進むか否かに注目が集まる。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年7月18日第3073号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ