【今週の視点】職務・職種基準の相場形成へ

2016.04.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

横断的な格差是正を 賃構調査見直しが議論に

 同一労働同一賃金の実現に向けた議論がスタートし、行方を注視せざるを得ない状況となっている。ガイドラインを策定し、必要なら法改正を行うとされれば、実務家としては無視できるはずもない。一方では賃金構造基本統計調査の職種区分について、見直しの検討が進められている。職務・職種基準の賃金相場形成に向け、双方が噛み合った抜本的な議論を期待したい。…

 

 

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年4月4日第3059号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ