【今週の視点】”片働き優遇”見直す好機に

2016.12.12 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

公務員が先行是正へ 配偶者手当 一般社員は支給半減

 配偶者手当の見直しが無視できない課題となってきた。厚生労働省は今春、改定時の留意点を報告書としてまとめており、来春からは国家公務員の扶養手当の改定が始まる。従来は配偶者のみ2倍としてきた仕組みが、3年間かけて子ども1万円、配偶者等6500円のかたちに逆転される。時代にそぐわない片働き優遇を是正し、子育て重視に切り替える好機を迎えている。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年12月12日第3092号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ