欠陥機械回収を強化 製造者公表も検討へ 厚労省・専門家で検討会設置

2013.08.26 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

重篤な労災多発に歯止め

 厚生労働省は、労働安全衛生法で規定している欠陥機械などの回収・改善命令制度の運用拡大に向け、専門家による検討会を設置した。近年、機械の譲渡者に対する回収・改善命令の範囲に入らない欠陥機械や販売先が不明・多数の機械などが増加し、これらによる重篤な労働災害が発生しているのが実態。検討会では、消費生活用製品安全法にならった機械の製造者名公表制度の創設など回収・改善を促進させる新たな方策を打ち出す。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成25年8月26日第2934号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ