死亡・死傷とも増加 26年の労災発生数が確定 厚労省

2015.05.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 死亡・死傷・重大災害がいずれも前年比増加――厚生労働省がまとめた平成26年の労働災害発生状況で分かった。同年第1四半期における消費税増税前の駆け込み需要や大雪の影響が大きかったとしている。

 集計結果によると、死亡災害1057人(前年比2.6%増)、休業4日以上の死傷災害11万9535人(同1.2%増)、一度に3人以上が被災した重大災害292件(同19.7%増)となっている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年5月25日第3018号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ