石綿の除去で防止対策強化 厚労省・規則改正

2014.04.14 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、石綿障害防止規則を改正した。吹き付け石綿の除去、石綿を含む保温材や耐火被覆材などの取扱いに関する規制を強化する。施行は平成26年6月1日。

 石綿を含む保温材などが損傷・劣化して、労働者が石綿などの粉じんにばく露する恐れがある場合、封じ込め、囲い込み、呼吸器保護具の使用などを義務付けている。

平成26年4月14日第2964号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ