安全衛生マル優制 取組み水準を加点評価 3年以内送検は除外 厚労省・認定基準案まとめる

2014.11.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

労働者募集時に利用へ

 厚生労働省は、労働安全衛生に関する優良企業評価基準(案)をまとめた。「過去3年以内に労働関係法令の違反で送検されていない」など○×方式で判定する項目と、企業の積極的な取組みを評価する加点項目の双方で評価し、総合点で8割以上獲得している必要がある。優良マークの認定を受けた企業は、商品などの広告、ホームページや事業場での表示、労働者募集に供する広告・文書などに活用できる。厚労省は、優良マークの認知度向上に力を入れるとした。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年11月17日第2993号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ