争議件数が過去最少 多くは「争議行為」に 24年 厚労省

2013.09.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 労働争議件数が比較可能な昭和32年以降最少に――厚生労働省が平成24年の労働争議件数を集計したところ、3年連続して減少し、596件となった。

 労働争議件数は、10年前の14年に1002件に上っていたが、その後長期的に減少傾向に。21年の780件を除き、このところ600件台で推移していた。

 24年は、前年を16件下回る596件となり、昭和32年以降最少となった。ただし、争議参加人員は、12万5992人で、前年比6万7497人増加している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成25年9月9日第2936号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ