労使合意で賃上げへ GDP600兆円達成向け 諮問会議

2015.11.23 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 経済財政諮問会議の民間有識者議員は、「GDP600兆円の強い経済実現に向けた緊急対策」を示し、達成目標に相応しい賃金と最低賃金引き上げを通じた消費の喚起が重要との見方を明らかにした。

 GDP600兆円を今後5年程度(名目成長率平均3%程度)で実現するには、来年も昨年の労使合意を引き続き遵守し、業績を拡大した企業を中心に年収ベースで大幅な引上げを実施するよう求めた。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成27年11月23日第3042号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ