配偶者手当の改善を 女性の働きに「中立」へ 諮問会議

2014.11.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 経済財政諮問会議の民間議員は、「女性の働き方に中立的な制度整備」に関する報告を明らかにした。収入に応じて可処分所得が増加する社会保険料とするほか、配偶者手当や配偶者控除の改善を提案している。

 社会保険料の見直しでは、労働時間の長短にかかわらず第3号被保険者として働き、雇用される場合は、雇主が定額の負担を払い、本人は給与所得水準に応じて負担を引き上げていく案などを示した。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年11月17日第2993号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ