秋に「大型連休」を 休み方改革めざす 諮問会議

2014.10.20 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 政府の経済財政諮問会議は、休み方改革ワーキンググループ(座長・高橋進㈱日本総合研究所理事長)の検討をスタートさせた。秋の連休の大型化などを目的とした検討を行う。

 ワーク・ライフ・バランスの推進、生産性の向上、地域活性化に向けた具体的方策を「休み方改革」の観点から打ち出し、近々に報告書をまとめるとした。

 休暇取得と生産性との関係を検討するほか、企業の成功事例・課題などを抽出・整理する。秋の連休の大型化や休みを地域活性化につなげたい考えだ。

平成26年10月20日第2989号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ