博士学生 育成・確保施策を強化 奨学金制や交流会で 日本化学工業協会

2013.04.01 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

国際競争力向上めざし

 日本化学工業協会(高橋恭平会長)は、化学産業の国際競争力や技術力の向上を担う博士人材の育成を支援し、企業の人材確保につなげる活動「化学人材育成プログラム」を強化する。大学院化学系専攻科(博士後期課程)の学生に対する奨学金制度の対象者数を2013年度から増やすほか、博士後期課程向けのインターンシップを開始し、人材育成をさらに後押しする。このほど、育成した学生を化学系企業に導くための学生・企業交流会(会社説明会)を初めて開催し、優秀人材の採用に向けた取組みも始めた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年4月1日第2915号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ