賃金台帳未作成で建設業者送検 岸和田労基署

2014.10.06 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 大阪・岸和田労働基準監督署(樋上泰司署長)は、労働災害の虚偽報告を行ったうえ、賃金台帳も未作成だった、トーホー建設㈱と同社代表取締役および事務書類作成を担当する代理人の計1法人2人を労働安全衛生法第100条(報告等)違反の疑いで大阪地検に書類送検した。労働者が全治5カ月以上の負傷をする労災が発生している。

 同社に対する行政指導のなかで、実際は被災者が派遣先でスレート屋根から墜落したのに、自社倉庫の屋根から落下したと虚偽報告していたことが発覚した。被災者の約2カ月分の賃金台帳も未作成だった。

平成26年10月6日第2987号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ