6労働局が一斉監督 トラック運転者の過労で 近畿

2014.09.22 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良、和歌山の近畿ブロック6労働局は、秋の全国交通安全運動期間に合わせ、トラック運送事業者に対する一斉監督を展開している。過労運転を原因とする脳・心臓疾患の労災請求が依然高水準にあるためで、荷主団体へは発注条件に配慮するよう要請した。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年9月22日第2986号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。