専門的職種紹介に強み 人材協ブロック会

2013.02.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 日本人材紹介事業協会(佐々木和行会長)は、東日本地区ブロック会を東京都内で開催し、厚生労働省職業安定局需給調整事業課による講演会や賀詞交歓会を行った。

 講演会では、牧野利香派遣・請負労働企画官が民営職業紹介事業の現状と今後の課題を説明=写真。「若年層や専門性の高い職種の就職・転職に強いため、政府が掲げる産業競争力強化に貢献する人材の確保において、民営職業紹介は非常に重要」と述べた。一方、シニア層への転職支援は少ないとして、支援の活性化を求めている。

平成25年2月18日第2909号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ