トラック運転者 若年人材確保へ配慮を 「中型免許」見直し 全ト協

2012.03.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

民主党に要望書提出

 全日本トラック協会(星野良三会長)は、平成19年に創設された中型運転免許制度が若年人材の確保を困難にしているとみて、同制度の要件見直しに関する要望書を民主党に提出した。中型免許の適用を現行の車両総重量5トン以上から6.5トン以上に引き上げ、普通免許で運転できる範囲を拡大するよう求めた。中型免許の取得には、2年間の普通免許保有期間が必要になるため、高校新卒者は入社後すぐに中型車を運転できない。この結果、中小企業では高校生採用をためらうケースが生じているという。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年3月5日第2863号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ