中小企業 社保負担の軽減明記を 基本法見直しへ提言 日商

2013.02.18 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

「海外展開」は重点政策に

 日本商工会議所(岡村正会頭)は、中小企業政策の方向性を定めた中小企業基本法の見直しに関する意見書をまとめた。中小企業の成長促進に向けて、社会保険料の引上げや労働規制の強化などの“負担”を軽減する施策を盛り込むよう提言している。さらに、「海外展開」や「成長分野への進出」を政策の柱として位置付けるため、同法上の「基本理念」および「基本方針」に海外展開支援などを明記するべきとした。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成25年2月18日第2909号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ