人手不足分野 処遇・評価制度改善を 主要経済団体に要請 東京労働局

2014.07.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

職場の魅力高め人材確保

 東京労働局(西岸正人局長)は、人手不足が顕著な介護・保育・看護分野と建設分野の人材確保に向けて、雇用管理改善を推進する「魅力ある職場づくりキャンペーン」を開始した。西岸局長が、東京経営者協会など都内主要経済3団体に対し、労働条件や評価・処遇制度見直しなどによる雇用管理改善や正社員を希望する非正規労働者への正社員転換の実施を直接要請している。要請は全国に先駆けて実施したもので、今後、人手不足分野の各業界団体にも同様の働きかけを行う方針。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年7月28日第2978号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ