アパレル業界 女性高齢者を積極活用 ガイドライン作成へ

2014.07.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

定年後の職域確保に課題

 一般社団法人日本アパレル・ファッション産業協会(廣内武理事長)はこのほど、有識者などからなる「高年齢者雇用推進委員会」を立ち上げた。業界では販売職の女性を中心に高齢化が進んでおり、定年後の職域確保やモチベーション維持の面で課題が少なくない。このため会員企業約200社などを対象にアンケート調査を行い、高齢者雇用の実態を探るほか、高齢者活用に成功している優良企業の事例収集に取り組む予定である。来年2月には、企業トップ・人事部門、従業員それぞれに向けて高齢者活用に関するガイドライン(草案)を作成するとした。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年7月7日第2975号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ