添乗員 自己点検で高齢者戦力化 “頑固、横柄”を改善 派遣元団体がガイドライン

2012.02.20 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

年齢の節目面談も効果的

 添乗員派遣会社の業界団体である㈳日本添乗サービス協会(山田隆英会長)は、高齢化するベテラン添乗員の戦力化に向けた手引「高齢者雇用推進ガイドライン」をまとめた。60歳到達前から、添乗員に定期的に仕事ぶりを自己点検させて、業務の質の改善を促すよう提案している。さらに、50歳、55歳、59歳などの年齢の節目ごとに面談を実施して、働き方の希望を聞き取るとともに、高齢者に期待する役割を伝えれば、勤労意欲の向上につながるとした。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年2月20日第2861号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ