3党共同提案 同一労働同一賃金へ法規制 施行3年以内に措置 今国会

2015.07.06 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

事業主の協力規定明記

 自民党、公明党、維新の党は、3党共同で「同一労働同一賃金推進法案」(議員立法)を今国会に提出した。労働者の職務に応じた待遇の確保についての「基本理念」を定めるとともに、「国の責務」を明確化するとしている。雇用形態にかかわらず職務に応じた待遇を確保するほか、労働者の意欲と能力に応じて希望する雇用形態により就労する機会が与えられるようにする。国は、同法施行後3年以内に派遣労働者の均等・均衡のとれた待遇について、派遣元・先に対する規制を設けるとした。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年7月6日第3023号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ