高年齢者活用 新分野進出費用を助成 東京都新事業

2014.06.02 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

新規雇用3人が条件 「就業モデル」認定へ

 東京都は、高齢者雇用を促進するため、高齢者を新たに雇用して異業種などに進出する企業の取組みを新しい就業モデルとして認定する「高齢者職域開拓モデル事業」を開始した。創業や新分野進出によって新たに高齢者を3人以上雇用することや、新分野で従事する労働者の半数以上が新規雇用高齢者であることなどを認定条件とし、認定企業に対しては就業モデルの立上げ経費の一部(上限300万円)を助成する。就業モデルは事例集にまとめ、他の企業へ普及啓発を図る。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年6月2日第2971号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ