失敗許す仕組みづくりを 挑戦する機会与える 企業活力研

2014.05.19 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

若者の早期育成へ提言

 責任ある仕事に挑戦する機会を与えるとともに、失敗しても許容する制度づくりを――一般財団法人企業活力研究所(廣澤孝夫理事長)は、若者の能力開発・能力発揮のあり方に関する調査研究報告書を取りまとめた。若者の成長と活躍を促すには、企業が多様な業務を経験させたり、リーダーとしての責任を持って決断させたりするといった「機会」を与えることが不可欠と提言。業務を通じて成長した後の姿を事前に明示し、就労意欲を引き出すことも重要と訴えている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成26年5月19日第2969号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ