Off―JT実施率が減少 JILPT

2021.03.03 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 労働政策研究・研修機構(=JILPT、樋口美雄理事長)は人材育成と能力開発に関する企業・労働者調査を公表した。企業のOff―JTの実施率は34.2%で、4年前の2016年調査に比べ6.1ポイント減少している。

 一方、Off―JTを実施した企業に評価を尋ねると、23.1%が「効果があった」、68.0%が「ある程度効果があった」と回答しており、前回調査時と評価に関しては同様の傾向がみられた。

令和3年3月1日第3295号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ