政府・技能実習制度を改定 最長2年まで延長

2014.04.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

27年度早々の施行めざす

 政府は、東京オリンピックによる一時的な建設需要の増大に対応するため、外国人技能実習制度を見直す方針を打ち出した。今年夏ごろまでに必要な告示・通知を制定して、企業などでの準備を整えた後、来年度早々にも実際に外国人受け入れを拡大する予定。ただし、適用期間は2020年度まで。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年4月28日第2966号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ