建設業 不当に短い工期を排除 発注者へ勧告制度 国交省・中建審「中間とりまとめ」

2018.06.28 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

長時間労働の是正狙う

 国土交通大臣の諮問機関である中央建設業審議会・社会資本整備審議会の基本問題小委員会は、建設業の担い手確保の取組みを強化するために講ずべき措置を示した「中間とりまとめ」を策定した。長時間労働の是正や処遇改善などを柱に建設業法令の改正を視野に入れた施策を盛り込んだ。長時間労働の是正をめざし適正工期設定を推進することとし、受注者による工期のダンピングを禁止する施策を講じるほか、不当に短い工期で請負契約を締結した発注者に対する勧告制度を創設するとした。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年7月2日第3167号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ