有料職業紹介の規制緩和 求職・求人側で業務分担を 地域差解消へ効果

2015.04.20 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

人材業界団体が意見書

 一般社団法人人材サービス産業協議会(中村恒一理事長)は、「雇用仲介事業に関する規制の見直しによる民間の労働力需給調整機能の活用に関する意見書」を取りまとめ、内閣府と厚生労働省に提出した。同一の職業紹介事業者が求人から求職まで一貫して業務を行うことを前提としている現行制度を見直し、異なる事業者が求職者側と求人者側の業務を分担するといった事業者間連携を可能にするよう提言した。地域間や産業間の求人・求職の偏りが解消するとみている。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年4月20日第3013号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ