中労委地方組織 大幅に”合理化”

2015.04.20 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は4月1日、労働組合法施行令を改正し、中央労働委員会の地方調整組織を大幅に合理化した。地方調整委員が任命される区域を従来の8区域から東日本と西日本の2区域に削減。地方事務所も同7カ所から西日本の1カ所へ。

関連キーワード:
平成27年4月20日第3013号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ