労働時間違反が増加 28年定期監督結果 厚労省

2017.07.26 【労働新聞】

 厚生労働省は、平成28年の定期監督等実施結果を取りまとめた。対象となった13万4617事業場のうち66.8%に当たる8万9972事業場で、労働基準法や労働安全衛生法などの違反がみつかっている。前年結果に比べて全体の違反事業場数は減少したものの、違法な長時間労働や割増賃金不払いの件数は増加した。

 労基法関係の違反では、労使協定の締結・届出を行わずに時間外労働を行わせるといった「労働時間」が2万8252件で最も多く、前年に比べ600件以上増加している。以下順に、割増賃金の一部または全部を支払わないなど「割増賃金」1万8772件、…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成29年7月24日第3122号2面

あわせて読みたい

ページトップ