「個人番号」へ準備を 対象者洗出し必要 経団連

2015.03.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 経団連は、今年10月から導入されるマイナンバー制度(社会保障・税番号制度)への準備を急ぐよう会員企業などに呼び掛けている。

 マイナンバーは、同月より市区町村から全国民に通知される。企業では、給与所得の源泉徴収票の作成、社会保険料の支払事務手続きなどにおいてマイナンバーの取扱いが必要とした。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年3月23日第3010号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ