原則予告なしで監督と強調 大阪労働局

2014.03.03 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 大阪労働局(中沖剛局長)は、日常の監督業務についての積極的な周知活動に力を入れ始めた。このほど同労働局のホームページに発表したもので、事業場の現状を的確に把握するため、「監督指導は原則として予告することなく実施」すると強調している。

 一般的な監督指導の流れをフローチャートで示すなどして、司法警察権限が与えられていることにも注意を促した。

平成26年3月3日第2959号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ