高度プロ労働制を新設 厚労省・審議会が報告書案

2015.02.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

中小の割賃は引上げ 今国会に労基法改正案

 厚生労働省の労働政策審議会労働条件分科会(分科会長・岩村正彦東京大学大学院教授)は、新たな長時間労働抑制策と労働時間制度弾力化策を盛り込んだ検討報告書案を明らかにした。月60時間超の時間外労働に対する5割以上の割増率の中小企業に対する適用猶予を廃止するほか、使用者に一定日数の年次有給休暇の時季指定を義務化するなどとした。弾力化では、年収1075万円を上回ると見込まれる労働者に「高度プロフェッショナル労働制」を適用する。近々のうちに最終報告書をまとめる。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年2月9日第3004号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ