法違反で求人不受理に 政令案を妥当と答申 労政審

2016.01.19 【労働新聞】

労働政策審議会(樋口美雄会長)は、若者雇用促進法に基づき「求人不受理」とする場合の運用基準を定めた政令案を妥当と認める答申を塩崎厚生労働大臣に提出した。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成28年1月18日 第3049号1面

あわせて読みたい

ページトップ