スマホで就職支援 専用サイト開設めざす 東京都

2014.01.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 独自の就職支援モデルを検討していた東京都の有識者チーム(座長・佐藤博樹東京大学大学院教授)は、スマートフォン(スマホ)を活用した新たなモデル「TOKYO就活スタイル」を導入すべきとする提言をまとめた。学生を中心に、就職活動でSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)やスマホを利用する場面が増えてきていることから、「TOKYO就活スタイル」では、新たに構築するスマホ向けウェブサイトを通じて様ざまな取組みを展開する。若年者や、妊娠・出産を理由に離職し再就職をめざす女性などの利用を想定している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年1月13日第2952号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ