仕事と生活調和 中小12社を認定 東京都

2014.02.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京都は1月29日、中小企業における仕事と生活の調和推進への機運を高めるため、東京国際フォーラム(千代田区)で「ワークライフバランスフェスタ東京2014」を開いた。

 同フェスタでは、「東京ワークライフバランス認定」の認定状授与式を開催。育児中の営業職をサポートするために1つの業務を2人で担当させている㈱日本レーザー(新宿区、従業員44人)や、失効した年次有給休暇を育児・介護の休業に利用できる制度を整備したミニメイド・サービス㈱(渋谷区、160人)など中小企業12社に対し、前田信弘副知事が認定状を授与した=写真

 前田副知事は認定企業について、「働き方を見直し、仕事と生活の双方を充実させることができるように、経営者と従業員がともに創意工夫しながら制度を作り上げ、組織全体で取り組んできた」と讃えた。

平成26年2月10日第2956号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ