【今週の視点】転勤要件に柔軟な対応を

2015.05.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

女性比率30%へ向け 職務範囲問わない企業も

 女性の活躍を支援して管理職比率30%を達成するためには、転勤要件がボトルネックになりかねない。新卒から課長へ登用されるまでの標準年数は十数年に及び、全国転勤型を選ぶには相当の覚悟が求められる。実現をめざす企業では、処遇格差を定額化して担当職務を制限しない、入社3年経過後にコース選択を求めるなど、柔軟かつ先駆的な試みが進められている。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成27年5月18日第3017号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ