ストレスチェック項目新設へ 安衛協約案まとめる 全港湾

2015.05.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

不調者発見の”歯止め”

 連合にも全労連にも属さず中立組合として産別結集をめざし運動している全港湾(松本耕三中央執行委員長)は、9月の大会で議案提起する安全衛生に関する労働協約の改定案で「ストレスチェック制度」に関する項目を新設する方針を決めた。メンタル不調者の発見が一義的な目的ではないことを事業者に徹底させるための”歯止め”としたい考えで、組合の安全衛生担当者を中心とする対策委員会等を設置し、事業場全体の総体的結果を基に職場環境改善に向けた対策を協議する体制整備などを求める。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年5月25日第3018号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ