ストレス検査 義務化を解説 改正安衛法セミナー

2014.08.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 医療法人や企業向けメンタルヘルス支援会社などで構成する民間任意団体「こころの健康推進評議会」はこのほど、人事労務担当者を対象に、労働安全衛生法改正特別セミナーを東京都内で開いた=写真

 厚生労働省の泉陽子労働衛生課長が、改正安衛法で制度化されるストレスチェックについて講演した。「事業者はストレスチェックの実施が義務付けられ、その検査結果が一定の要件に該当する労働者から申出があった場合、医師による面接指導を実施することも義務になる」と説明。そのうえで、「申出を理由とした不利益な取扱いは絶対に行ってはならない」と釘を刺した。

平成26年8月25日第2982号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ