”技術移転ニーズ”に着目 対象職種広げるなら

2014.12.01 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

技能実習見直しへ方針 厚労・法務両省有識者懇の連合対応

 連合は、技能実習制度見直しの件で年内取りまとめをめざして設置された厚労・法務両省合同有識者懇談会への対応方針をまとめた。対象職種の拡大は技術移転のニーズに着目して判断すべきとし、とくに介護については、処遇や労働環境の改善など日本人にとって魅力ある職業とすることが先決との姿勢で臨む考えだ。受入れ人数枠の安易な拡大も認めないが、仮に認める場合、技能検定3級合格率が極めて良好など、運営が優良な監理団体・実習実施機関に限定して実習期間の延長などを認めるとしている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年12月1日第2995号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ