産別役員任期を「1年」に 紙パ連合

2013.07.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

来年の役選大会以降 興人労組はJECに移籍

 紙パルプ・紙加工産業の労働組合を中心につくる紙パ連合(宮嵜孝文中央執行委員長)は、来年の定期大会以降、産別役員の任期を現行の2年から「1年」に変更する。7月11~12日にかけて横浜市で開催した第35回定期大会で決定したもので、加盟単組と産別の役員改選時期を一致させて役員交代の円滑化を図る。一方、KJ特殊紙㈱から分社化した興人労組の脱退報告も受領。移籍先のJEC連合が8月に開く大会で、オブザーバー加盟が正式に承認される予定となっている。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成25年7月22日第2930号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ